ネット上の誹謗中傷対策をITに強い弁護士に相談

0120-543-138 受付時間:平日10:00 - 18:00 相談料無料

wiki(ウィキ)とは?wikiとbbsの違いについて

皆さんはwiki(ウィキ)というものをご存知でしょうか。ウィキとはハワイの言葉で「速い」という意味があり、ネットワークを介して文章を自由に編集したり追加できる仕組みのことを言います。昨今、このウィキはビジネスの分野においても広く注目されつつあります。そこで今回はウィキの基礎知識について解説したいと思います。

wikiウィキとは?

wikiとは一言で言うと、「ブラウザを利用してウェブ上のどこからでも文書の書き換えができる仕組み」のことを言います。

どこからでも書き換えが可能なため、複数の人間で一つの文書を作り上げるような共同作業に向いています。Wikiの仕組みを使った代表的なコンテンツが「ウィキペディア」です。ウィキペディアは、サイトにアクセスができる人なら誰でも無料で自由に編集することが可能な「百科事典」です。
なおwikiはウェブ上だけに限らず、ローカルウィキと言って、専用のアプリを用いて個人用のメモ帳のような機能を持つものもあります。

wikiのメリット

どこからでも書き換えが可能

ウェブを介してどこからでも自由に文書を書き換えできるため、より正確でより最新の情報を集めやすいというメリットがあります。また、ほとんどの場合で書き換えの際の事前許可が不要なため表現の自由度が高いです。

原則、ブラウザ以外不要

wikiはネット環境とブラウザさえあれば、書き換えが可能なため、特別なソフトをインストールすることなく利用できます。(ローカルウィキはアプリケーションが必要です)

知識の相互リンク

同一wiki内部において、関連ワードにリンクがしやすいため、文書間で内容が連携でき、読み手がとても理解しやすくなります。Wikiはハイパーテキストディアと言われるほど、知識を相互にリンクさせ、読者の理解を深めてくれます。

wikiとbbsの違いとは?

ここまで聞くと、wikiとは電子掲示板であるbbsとほとんど同じように聞こえるかもしれませんが、その本質は若干異なります。bbsの場合は掲示板としての役割が強いため、用途としては「意見交換」や「情報交換」です。

誰でも専用ソフトなしで、無料で気軽に書き込めるという点ではbbsもwikiも同じですが、bbsは電子掲示板上に新しい書き込みがどんどん追加されていくため、古い情報は新しい情報によってどんどんその影は薄くなっていきます。けれどもwikiの場合は、原則として同一のページの内容を共同作業によって書き換えながらコンテンツを構成しています。

古い記事がバックナンバーのように後ろへ追いやられていく掲示板とは違い、wikiはそのページ全体が、常に最新の情報を維持し続けます。そのため、一時的な意思疎通や伝達であれば掲示板でも十分ですが、知識や情報を常に最新の情報で継続していくためには、wikiによって多くの人の力を借りながら一つのページを完成させる方が良いでしょう。

業務マニュアル

このようにwikiは単なる掲示板とは違い、常に最新の情報に書き換えられ続けていくという特長があります。昨今ではこの特長を会社内でも応用利用するケースが出てきています。その一つが企業の業務マニュアルへの応用です。
一般企業であれば、日々の業務工程についてある程度のマニュアルが存在するかと思います。けれどもそれは、会社の経営状態や取引先との契約内容の変更などに伴って、日々改変されていくのが普通です。ですが、その都度新しいマニュアルを作成し、交付し、全社員に周知するのは簡単なことではありません。
そこで登場するのがwikiです。

wikiを応用して業務マニュアルや社内ルールを作成すれば、その後何らかの事情で取り扱いに変更が生じたとしても、その都度それに気がついた人間が情報を改変することができるため、常に最新の状態であり続けることが可能です。この仕組みであれば、突然の法改正などが生じても、社内で認識がずれることなく、タイムリーに対応していくことができるでしょう。

プロジェクト管理

社内で商品開発などのプロジェクトが立ち上がると、それに参加する社員はそれなりの人数に上ります。このように、一つの目的に向かって複数人が挑むような場合には、それぞれの認識にずれが生じないよう、こまめにミーティングを行うことが重要です。
そしてここでもwikiが活躍します。

社内掲示板やビジネスチャットなどの場合、それまでの会話の履歴は追うことができますが、それによって今現在の最新の状態がどうなっているのかを瞬時に理解することはできません。

そこでwikiを活用すれば、担当ごとの認識のずれはなくなり、またその都度周知をする手間もなくなります。何か変更が生じた際に、各々がwikiを編集すれば良いのです。よってwikiさえチェックすることを徹底させれば、かなりの時間と労力を削減することができます。

まとめ

このようにwikiは、情報の蓄積という部分では掲示板と類似していますが、その見せ方や管理の仕方の点で大きく異なります。単に書き込んだ内容を時系列で表示する掲示板とは違い、wikiはすでに完成しているコンテンツを、日々の状況の変化に応じて、それに気がついた人間が随時書き換え、編集することができるため、使い方次第ではビジネスの面でも非常に役立つのです。