ネット上の誹謗中傷対策をITに強い弁護士に相談

0120-543-138 受付時間:平日10:00 - 18:00 相談料無料

YouTubeの問題点(著作権・肖像権)

YouTubeとは、言わずと知れた動画共有サイトです。
ユーザーは簡単にYouTubeに動画を投稿でき、そしてその投稿された動画を誰でも無料で視聴することが出来ます。

例えば、あの曲が聞きたい!と思った時、CDを購入する前にまずYouTubeで検索して試聴してみる、という方も多いのではないでしょうか?

また、あのアニメの放送を見逃してしまった!という時など、もしかしてYouTubeにあるかも・・・と検索してみたことがある方もいらっしゃると思います。誰もが当たり前のようにやっているこの一連の行為ですが、動画をアップロードした方も、それを視聴した方も、違法行為となるケースがあります。

では、一体どのような時に違法行為となり、問題となるのでしょうか?
そこで今回は、「著作権」と「肖像権」という2つの権利に注目して解説したいと思います。

著作権

創作物には、全てに「著作権」というものが発生します。
創作物とは、音楽、小説、マンガ、アニメ、ドラマ、映画、イラストなど、人によって創作された作品のことで、著作権を持っている人だけが、その創作物を自由に利用出来る権利を持っています。

先ほど例に挙げた、「YouTubeで曲を検索して視聴してみる」という行為ですが、アーティストによっては、YouTube公式チャンネルを持っており、これは著作権法に則った形でレコード会社やアーティストによって作成されているため、公式チャンネルにアップロードされているアーティストの動画を楽しむ分には何の問題もありません。

しかし、テレビで放送していたものを録画するなどして手に入れたアーティストやアイドルのプロモーションビデオを、勝手にYouTubeにアップロードしている人も沢山います。
そういった動画を視聴するだけなら、今のところ、限りなく白に近いグレーゾーンという位置付けで罰せられることはありませんが、アップロードしている側となると話は違います。
アーティストの曲は創作物であり、そこには著作権が発生しているため、許可を取らずにアップロードするのは違法行為となります。そういった違法動画は、YouTube側に発見されると削除されるだけで最初は済むことが多いのですが、最悪の場合、アーティスト側から著作権の侵害として訴えられる可能性があります。
ですから、そのような動画のアップロードは絶対にしてはいけません。

また、アニメにも公式チャンネルがある場合があり、そこで配信されている動画を楽しむ分には問題ありませんが、アニメ1本丸々配信されているということはまず無いので、そういう場合は違法動画であることを疑いましょう。

ここで例に挙げた違法にアップロードされた曲の視聴もアニメの鑑賞も、見るだけなら罪に問われることは無いものの、それを違法な動画と知りながらダウンロードすると、違法行為となり、罰金、懲役なども有り得るので注意しましょう。

肖像権

今は、静止画は勿論、ビデオカメラなど持っていなくても、スマートフォンや携帯電話で簡単に動画までもが撮影できる時代です。
旅行に行った時、綺麗な景色や珍しい町並み、美味しそうな食べ物などを撮影している人もよく見かけますし、YouTubeではそういった旅の景色や思い出の写真や動画をアップロードすることも出来るのです。

写真をアップロードする時は、何秒ごとに1枚、とスライドショーの形式にするなどして動画にして投稿する必要がありますが、ただのスライドショーだと味気ない・・・と、大好きな曲をBGMに使って編集する、これも前述した、立派な著作権法の違反になるので注意しましょう。

また、旅の動画の場合、問題となるのが、景色や建物を撮影しているつもりでも、どうしても映り込んでしまう通行人です。
観光地は人も多いですし、通行人の映り込みは避けられません。

旅行中にそういった動画を撮影し、個人で旅の思い出を楽しむ分にはいいのですがYouTubeにアップロードする場合には、一般人であろうと、たとえ相手が仲の良い友人であろうと、勝手に投稿して公開すると、肖像権の侵害になります。
自分の容姿がわかる写真を無断でインターネット上に公開されたら、誰だって嫌でしょう。

肖像権は、そういったプライバシーを守る権利です。
もし、通行人が映り込んでいる動画を投稿したい場合は、映っている全員に許可を取るか(不可能とも言えます)、ぼかしやモザイクやスタンプなどで容姿がわからないよう編集してからアップロードする必要があります。

終わりに

YouTubeは、投稿した動画に広告を表示させ、広告収入を得ることも可能なため、再生回数の多い動画を作成するとなると、手っ取り早い方法として有名人の曲を無断でアップロードしてみたり、アニメをアップロードしてみたり、そういった安易な方向に走りがちです。

多くの人が違法動画をアップロードしているため、自分もいいだろう、大丈夫だろう、と思ってしまうかもしれませんが、そのような動画を投稿すると、アカウントを凍結されたり、著作権の侵害で訴えられる場合もあります。また、芸能人ではなく、一般人の映っている動画なのだから誰にもバレないし勝手にアップロードしても問題ないだろう、という考えも間違っています。

一般人にも肖像権があるのです。
これらの点に注意をして、法を犯すことなく、YouTubeで動画の投稿や再生を楽しむようにしましょう。