ネット上の誹謗中傷対策をITに強い弁護士に相談

0120-543-138 受付時間:平日10:00 - 18:00 相談料無料

学校裏サイトにおける誹謗中傷やいじめの見つけ方とその対策

学校
ネット上の誹謗中傷被害で今問題が大きくなりつつあるのが、「学校裏サイト」における誹謗中傷被害です。学校裏サイトとは、学校側が公式に開設しているホームページとは別に、生徒や保護者らが勝手に立ち上げた非公式のサイトのことを言います。

それらのサイトの中には、ちゃんとしたコミュニティや情報交換の場として機能しているものもありますが、中には生徒や保護者、教師に対する誹謗中傷や事実無根の噂などが横行しているような悪質なサイトも存在しています。

そこで今回は、こういった学校裏サイトにおける誹謗中傷やいじめの見つけ方とその対策について解説したいと思います。

学校裏サイトはそんなに重要なのか

学校裏サイトという言葉を初めて聞いた方にとっては、一体そんなものがどこにあるのかすら知らないことと思います。

ひと昔前であれば、仮にネット上で悪口を書かれていたとしても、ネットを使わない世代の保護者の多くは「そんなの気にしなければいい」とか「無視すれば良い」などという対応でかわすことができましたが、最近ではそうもいかなくなっています。

何しろスマホの普及により、そういった裏サイトを多くの生徒や保護者が閲覧できるようになってしまったため、万が一そこに誹謗中傷する記事が書き込まれたり、いじめを助長するような内容の書き込みがあった場合は、これを放置することができない状況になっています。

そのためこれまでネットに興味がなかった方も、子供の安全を考えるならば、学校裏サイトについては保護者としてしっかりとチェックしておく必要があるのです。

学校裏サイトの見つけ方

学校裏サイトは、裏サイトというだけあって、通常の検索ではなかなかヒットしてこないこともあります。

学校非公式のサイトだとしても、健全な情報交換などを目的としているサイトについては、学校名などで検索すれば出てくることもありますが、裏サイトはそれでは見つかりません。
そのため、学校裏サイトを探す際には、「学校裏サイトチェッカー」を利用することをお勧めします。

http://schecker.jp/

このサイトでは、学校の裏サイト情報を一般の方からの申請などに基づいて地域別、学校別に登録しています。

そのため、地域から学校を選択して確認することで、自分や子供の通っている学校に裏サイトが存在しているかどうかを確認することができます。学校裏サイトチェッカー以外にも学校裏サイトのリンク集などを扱っているサイトがありますので、それらを利用して自分の学校に裏サイトがないかどうか確認してみましょう。

学校裏サイトで誹謗中傷された場合の対策

もしも学校裏サイトにおいて、自分の子供や保護者が誹謗中傷されているのを発見したらどう対処すればよいのでしょうか。学校裏サイトの多くは、無料のネット掲示板を利用して書き込みをしているケースが多いため、まずはそれらの掲示板の管理者に対して削除請求するのが有効です。掲示板の管理者は、画面最下部などにその記載やリンクが貼られているため、そこで確認することができます。

もしもどこにも管理者の連絡先などの詳細がない場合は、WHOISというドメイン名登録情報検索サービスを利用することで、管理者の連絡先などを閲覧することができます。このサイトに学校裏サイトのURLを入力して検索してみましょう。

削除請求をする

掲示板の管理者がわかったら、名誉毀損やプライバシー侵害を被保全権利として削除請求をしましょう。

この際、学校裏サイトがもとは健全なサイトであるような場合は、誹謗中傷記事の削除にすんなり応じてくれますが、もともとブラックな内容を目的として開設されているような場合は、削除に応じなかったり、そもそも管理者が放置しているようなケースもあります。

そのような場合は、すぐに弁護士に相談してプロバイダを特定し、削除請求と発信者情報開示請求を行いましょう。

学校側にも協力を依頼する

学校裏サイトがエスカレートすると、学校自体の評判や評価にも影響が出てくる可能性があります。

そのため、あまりにも悪質な書き込みが多い学校裏サイトについては、学校側にも生徒に対して何らかの注意喚起などの対策をとってもらう必要があるでしょう。そもそも、学校裏サイトが存在しなければ、このような問題は発生しません。

あまりにもひどい学校裏サイトを発見した場合は、学校側にも連絡し対応してもらうよう申し出てみましょう。

学校裏サイトによる誹謗中傷も損害賠償請求の対象

もしも学校裏サイトで事実無根の誹謗中傷をされたり、個人情報を勝手に漏洩されたような場合は、その投稿した本人や掲示板管理者に対して損害賠償請求することが可能です。

慰謝料の金額としては高くても100万円程度ですが、あまりに悪質な場合は名誉毀損による告訴なども検討する必要が出てきます。

最近では学校裏サイトの書き込みをきっかけに子供がいじめを受けるようなケースもあるようですので、所詮ネット上のことだと軽視せず、見つけた場合はすぐにでも弁護士に相談して対策を取るようにしましょう。