ネット上の誹謗中傷対策をITに強い弁護士に相談

0120-543-138 受付時間:平日10:00 - 18:00 相談料無料

2chの書き込み・スレ・レス・過去ログ・個人情報などを自分で削除依頼する方法

2chに誹謗中傷する書き込みをされたり、個人情報を勝手に投稿されたような場合は、その情報がまとめサイトやミラーサイトなどに拡散してしまう前に削除依頼をする必要があります。

2chの削除依頼は弁護士に依頼して請求したほうが、確実かつ迅速ですが、裁判外での削除請求であれば、自分自身でもある程度までは対応することが可能です。
そこで今回は、2chの書き込みの削除依頼を自分でする方法について解説したいと思います。

どんな内容なら削除してもらえるのか?


裁判外で2chに削除依頼をする場合、その書き込みやスレ・レス・過去ログ・個人情報などを削除するかどうかの基準は、2chの運営側が設定した独自の基準に基づいて判断をしています。そこでまずは2chの削除基準について解説したいと思います。

2chの基本原則として掲げられているのは、以下の3点です。

  1. 表現の自由は、最大限保障されるべきものである。
  2. 表現の自由も絶対無制限のものではなく、他人の権利を侵害するものについては削除を行う。削除理由については具体的には明示しないこともあります。
  3. 異議を申し立てる機会を与え、審議の結果,削除された記事が再掲載される可能性はある。

このように、まず大前提として表現の自由を掲げていますから、原則として投稿された書き込みについては最大限保障するというスタンスをとっています。ただ、その例外として「他人の権利を侵害するもの」については削除すると言っています。

ここでのポイントは、削除理由については具体的に明示しない場合があるという点です。
つまり、理由が開示されないということは、それを基準にこちら側で傾向を検討することが難しいということになります。よって、2chの削除基準については、実質的に2chの運営側の広い裁量に委ねられているということなのです。

ただ、一定の基準として、2chのサイト上に以下の4つが掲載されています。

2chが削除対象としているもの

  1. 名誉毀損
  2. プライバシー侵害
  3. 平穏に生活する利益の侵害
  4. 社会に害悪が生じる現実的危険性がある情報

《参考》2chで削除されない記事具体例

プライバシー侵害については、個人名のフルネームはもちろんのこと、イニシャル等だったとしても、他の情報と組み合わせることで特定の個人のプライバシーを侵害する場合もこれに該当するとしています。その他、殺害予告の書き込みや、爆弾を製造する方法、薬物の売買などに関する情報についても削除対象としているようです。
ただし、犯罪に関する情報や法人に関する情報については、原則として裁判所の仮処分命令がなければ動かないスタンスである旨も記載されています。

よって、2chに対して自分自身で削除依頼をする場合は、まず上記の2chが掲げる削除基準に該当しているのかどうかを、自分自身でもよく確認してみましょう。

これらに該当しない微妙な内容や犯罪に関する情報(犯罪歴、逮捕歴、前科など)、法人に関する情報などについては、すぐに弁護士に相談して裁判所の仮処分の申し立てを行いましょう。

《参考》2chの書き込みの削除依頼と犯人特定の手順を一挙公開!

2chの書き込み削除手順について

裁判外による2chの削除方法は、2014年8月から削除専用メールアドレス(meiyokison@racequeen.ph)への送信により行うこととなりました。この際に記載する事項として2ch側から指定されているものは以下の通りです。

2chに削除依頼メールを送信する際の必須記載事項

  1. 当該書き込みがされているサイトのURL
  2. レス番号
  3. 削除理由
  4. 削除理由の根拠となる資料(ある場合のみ添付)
  5. 本人確認資料

このように至ってシンプルですが、ポイントは削除理由とその根拠となります。単に「気分を害された」などの根拠ではまず削除されることは難しいでしょう。そこでここでは削除理由の書き方のサンプルをご紹介したいと思います。

削除依頼メールに記載する「削除理由」の書き方

【具体例】
仮に次のような書き込みを2chのスレッド内にされたとします。

「〇×大学文学部1年生の山田花子は、東京都新宿区高田馬場1丁目のXマンションの101号室に住んでいて、男3人と不倫しているヤリまん女だ」

この書き込みの削除依頼をする場合、その根拠は次のようになります。

削除理由:名誉毀損、プライバシー侵害、平穏に生活する利益の侵害

私、山田花子は人格権としての名誉権、およびプライバシー侵害、並びに平穏に生活する利益の侵害を根拠として、当該書き込みの削除を請求致します。

主張1:山田花子は私の個人名であり、〇×大学文学部1年生との情報と相まって私という個人が特定されてしまう。

主張2:東京都新宿区高田馬場1丁目のXマンションの101号室との記載は、私個人の住所を無断で公開しており、プライバシー侵害であるとともに、これにより今後別の犯罪行為を誘発する恐れがあり、平穏に生活する利益の侵害である。

主張3:男3人と不倫しているヤリまん女だ、とする記載は私の社会的評価を不当に低下させる書き込みであり、名誉毀損に該当する。

以上の理由により、当該書き込みの削除を請求致します。

以上です。
(あくまでサンプルですので参考として下さい。また、これで必ず削除してもらえるというわけではありませんのでご注意下さい)

削除理由のポイントは、

  1. 書き込みされている情報で個人が特定できるのか
  2. 書き込みよって侵害されている法的権利はなんなのか

この2点を明確に2ch側に伝えることが、削除をしてもらうためのポイントとなります。
ただし、侵害されている法的権利などについては、弁護士に相談しないとなかなかわからないかもしれません。

もしもわからない場合は、とりあえず自分なりに考えて記載して削除依頼を行い、それで削除が実現しないようであれば、迷わず弁護士に相談するようにしましょう。

《参考》増え続ける誹謗中傷被害!弁護士に相談するメリットと、対策業者との違いとは?

《参考》もしもネット上に個人情報が流出したら、その時とるべき対処法とは?

《参考》ネット誹謗中傷の犯人を特定するやり方と弁護士に依頼するメリット